名前の表記をどうするか?

 

前回女性が実印を作る時期について考えてみました。今回は女性が実印を作るときの、名前表記をどうするか、サイズはどれくらいがいいかといったところを考えてみたいと思います。

実印の名前の表記に関しては、女性の場合は名前だけで実印を作成することもありますが、フルネームにする方もいらっしゃいます。

離婚や結婚によって姓が変わってしまうことを気にされたりして、独身の間は名前だけにしておいてという方もいらっしゃいます。

実印というのは認印などに比べると作成にお金がかかるものですし、そうそう買い換えるものでもありませんので、将来的にずっと使っていくことを考えるのであれば、名前だけにしておいた方が後々が楽かもしれません。女性が実印をつくる場合のサイズについてですが、男性か女性かで実印の選ぶサイズの傾向が違います。

女性は少し小さめのものを好む傾向があります。

これは、小さめのサイズの方が控え目な印象を受けるからでしょう。大体13.5 mmぐらいから15.0mmぐらいがベターです。

実印サイズの小さめというとやはり13.5 mm〜18.0mm、少し大きめだと25.0mmなどもありますので、上昇志向が強く、強い女性で且つ会社で重要なポストについていたりする方は、大きめのサイズを使うのもいいかもしれません。